こどもみらい住宅支援事業

【交付申請期限】が2023年3月31日まで延長されました

国土交通省令和3年補正予算事業として、省エネ性能を有する住宅ストックの形成を図るため、子育て世帯・若者夫婦世帯による住宅の省エネ改修等に対して補助金を交付する「こどもみらい住宅支援事業」が創設されました。
基本的には子育て世代の支援を目的とした事業ですが、それ以外の方も一定の条件さえ満たせば補助金交付対象となります。
「断熱住まいる」も補助金対象工事となり、申請手続きも弊社にて行えますので、お気軽にお問い合わせください。

交付条件を満たす対象者は?

「こどもみらい住宅支援事業」のHPによると、以下のように書いてあります。

  • こどもみらい住宅事業者と工事請負契約等を締結し、リフォーム工事をする。
  • リフォームする住宅の所有者等であること。

つまり、対象者はあくまでも施工業者で、施工依頼者はその施工業者と工事請負契約を結んでいて、リフォームする住宅の所有者で実際に住んでいる必要があります。

対象となるリフォーム工事とは?

補助金の申請対象になるのは、以下のようなリフォーム工事です。

  1. 床の断熱リフォーム
  2. 屋根・天井の断熱リフォーム
  3. 開口部(窓・玄関ドア)の断熱リフォーム
  4. 壁の断熱リフォーム
  5. エコ住宅設備の設置

5に関しては「断熱住まいる」の対象外ですので、実際には1~4が対象となります。

交付される補助金額は?

施工するリフォームの内容や条件によって補助金額が細かく定められており、原則1戸あたり30万円が上限となっております。
ただし、同一住宅に複数回のリフォーム工事を行う場合、補助上限額の範囲内で申請を行うことができますが、それぞれの申請毎にすべての補助要件を満たす必要があります。
また、補助金交付予定額が50,000円を下回る工事だと申請ができないことになっていますのでご注意ください。
例えば、屋根裏断熱のみ、窓断熱のみの場合は50,000円を下回ってしまいますので、他の断熱リフォームと組み合わせて申請する必要があります。

リフォーム工事別補助金例

補助金申請はどうやってやるの?

「こどもみらい住宅支援事業」では、断熱リフォームの工事が完了した後に、施工業者(リフォーム会社)が申請をすることになっていますので、お客様は面倒な書類を作成する必要はございません。
施工業者が申請をして審査が通過しますと、補助金はいったん業者に振り込まれます。その後お客様に振り込まれるシステムになっておりますので、実際に交付されるまで工事完了から2~3ヵ月の期間を要するかと思います。

最新の情報や不明な点はお問い合わせください

ノービル「LINE公式アカウント」を開設していますので、簡単なお見積りもLINEで出来ます。お友だち登録をしていただき、お気軽にお問い合わせいください。

友だち追加

PAGE TOP